法人税は工夫次第で節税可能~頼れる税理士さんを見つける強み~

法廷

白と青と税理士のこと

税理士

フリーランスでも20万円を超える収入がある場合には確定申告を行う必要があります。白と青の2種類があり、各々違いがあります。自分で行うのが困難なら、個人の確定申告を代行してくれる税理士事務所に依頼することも可能です。

View Detail

税のプロフェッショナル

経営者様必見です。法人税の節税に繋がる保険商品があるので、ぜひコチラへどうぞ。専門コンサルタントが対応してくれますよ。

本

税についての深い知識を持っているのが税理士です。税理士は試験に合格して税理士になるケースと、大学院修士終了で試験を免除されて税理士となるケースが一般的です。実務経験を積むために税務署に勤務し、試験を免除してもらえることもありますが、正攻法の道を辿る人が多い傾向にあります。また、税理士の仕事内容とは大きな違いはないですが公認会計士という職業があります。公認会計士は上場企業や大企業の財務に関する記載をチェックすることが本来の仕事なのですが、試験を受けることなく税理士登録を行うことができるのです。公認会計士から独立して個人会計士になって場合、税理士業務を行うことになるため仕事内容に大きな違いがないと認識されているのです。一般的な税理士は中小企業などの節税対策などを得意としており、公認会計士は大規模に展開されている企業の内部を統制・管理することが得意です。事務所によって請け負っており事案には違いがあるため、税理士などの税のプロフェッショナルに依頼したい場合には、事前に確認すると良いでしょう。

税理士は法人税などの節税方法をアドバイスしてくれるため、企業などにとってはとても大切な仕事のパートナーと捉えることができます。法人税は必ず支払わなければならない義務がある国税です。しかし、法人税を支払うにあたっての税の算出方法は、商法上のやり方とは違いがあります。そのため、商法上ならば経費として落とすことができる損金も、法人税の考えでは含まれないこともあります。知識が少ないことで損をしてしまうこともあるのです。そんな時、法人税の節税を行いたいと考えることは自然なことであり、税のプロである税理士に相談することは賢い選択と言えるのです。また、フリーランスなどの個人事業主にも行う義務がある確定申告ですが、税理士にお任せすることができるサービスも登場しています。2種類の申告方法から適したものを選択し、面倒な手続きを代理で行ってくれるため、人気が高まるサービスだと予想することができます。

B型肝炎は給付金を受け取れることをご存知ですか?得られるお金を見逃さずにしっかり手にしましょう。弁護士が手ほどきをしますよ。

色々な節税方法を知ろう

本を見る

会社の利益が増えることは嬉しいことですが、同時に法人税額も大きくなっていきます。税金の負担を軽くするための節税方法はいくつかあり、実践することで大幅な法人税カットを実現することができます。

View Detail

会社に課せられた義務

小槌

法人税は国税であり、必ず支払う義務があります。利益の申告はもとより、会社の所得を計算し正しい額の法人税を納付しなくてはなりません。また、法人税には課税対象と非課税対象があります。

View Detail